2008年07月12日

マタニティ用品やベビー用品

マタニティ用品やベビー用品については、お金をかけようと思えばいくらでもかけられる部分です。ただ、レンタルや知人からのおさがりをうまく利用することでかなりの節約になるはずです。また、内祝い費や出産祝いのお返しにも費用がかかります。いずれにしても出産はお金のかかるものです。前もって大まかな予算を立てておくことが必要です。

妊娠中のマタニティウエアや下着、赤ちゃんの衣類などは、人に譲ってもらうことができれば、かなりの出産費用を抑えることができます。レンタル用品なども上手に活用すれば、さらに費用を抑えることが可能でしょう。内祝い費や出産祝いのお返しは、頂いた金額を考慮して決めるとよいでしょう。

マタニティ用品やベビー用品は、知人のお下がりやレンタルを利用すれば、費用をかなり節約することができるのではないでしょうか。ベビー用品などは、お金をかけようと思えばいくらでもかけられますが、あまりお金をかけないようにすることも可能なのです。
出産後の補助では、金銭的につらいという場合には、出産費貸付金という制度もあります。無利子で24万円を借り入れることができ、返済は、出産一時金から差し引いてくれます。こうした制度をうまく活用したり、マタニティ用品やベビー用品も知人のお下がりを譲ってもらえれば、出産費用は最小限に抑えることが可能でしょう。

出産には、やはりまとまったお金が必要になりますが、国から分娩費の一部を保証してもらったり、マタニティ用品やベビー用品については、人から譲ってもらうなどしてうまく節約することができれば、かなりの出産費用を抑えることが可能でしょう。
posted by 母乳育児推進委員会 at 18:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/16875688
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック